NPO法人三浦半島生物多様性保全

mdcnmiura.exblog.jp
ブログトップ

横須賀市公郷小学校の田植え体験

こんにちわ~

NPO法人三浦半島生物多様性保全の平スタッフ、さくらです。

5月10日は横須賀市公郷小学校の生徒さんたちの田植え体験でした。

横須賀市主催ですが、野比地区の農家であるKさんのご協力あってこその企画であり、

Kさんには準備からご指導までとてもお世話になっています。

d0290047_1925429.jpg



小学生、少しそわそわしながらも、真剣に田植えの仕方を聞いています。

早く田んぼに行きたくてしかたがないようです。

d0290047_19251548.jpg


裸足になることや泥だらけになることにためらう子達もいるかな??

というオトナの心配をよそに、そんなこと一切気にせず田んぼに入る小学生たち。

d0290047_19252799.jpg


「つめたくてきもちいい!」 「ずぶっとしてキモチワルイ!」

「田植えむずかしい!」 「だんだん上手くなってきた!」



いろんな言葉が飛び交い、大変賑やかです。

d0290047_19253723.jpg


Kさんの田んぼにはたくさんの生き物がいます。

アカハライモリもカエルも、「初めてさわった!」という子が多かったです。

d0290047_19254726.jpg


男の子だけじゃなく、女の子もとても積極的。


Kさん自ら生き物をつかまえて見せてくれることも。

d0290047_19554949.jpg



「つかまえた!」 「にげられた!」

「こっちにいる!」 「あっちにいた!」



今日ほど、田んぼの生き物達が忙しい日はなかなか無いでしょう・・・。

田植え体験の後は、いきもの捕まえ合戦となっていました。



d0290047_1926868.jpg


中には、カエルに悲鳴をあげる女の子たちも。

しかし、カエルのいるところに、わざわざ近寄って見に行ってるんですから。(笑)

怖いもの見たさ??なんにせよ、悲鳴をあげながらも表情は笑っています。



田んぼに入って、生き物をつかまえて、

「ここ、横須賀じゃないみたい!」と驚く子供たち。

昔はこういう場所がたくさんあったんだよ、と言っても

にわかには信じられ無いでしょう。


田んぼで遊び、生き物とふれあう機会は昔に比べて随分減ってきています。

「減ってきている」 が 「なくなった」 になることだって、今後十分に有り得ます。


田んぼで遊ぶ子供たちの笑い声が、三浦半島から消えてしまわないように、

地域の方、行政の方、このブログを読んでくれているあなた・・・

そしてNPOが出来ることは何なのか。


その答えは、こうした活動の中でしか得られないのではないでしょうか。

少しずつでも良い方向に向かうよう、活動を続けたいと思います。


日々の様子など、Facebookページで随時更新しています♪

田んぼ体験・エコツアーなどのお問い合わせはmbcn@ab.auone-net.jpまでお気軽にご連絡くださいませ♪
[PR]
by mdcn-miura | 2013-05-10 18:45 | 自然観察会・エコツアー