NPO法人三浦半島生物多様性保全

mdcnmiura.exblog.jp
ブログトップ

沢山池・里山自然体験

こんにちは!
ようやく春らしくなってきましたね。

3月9日に沢山池の里山自然体験が行われました。

自然体験はいくつかのグループに分かれていて、
当NPO法人の担当は冬鳥とカエルの産卵をテーマに行いました。



まずは沢山池周辺を案内しながら、ヤマアカガエルというカエルの卵の観察へ。
このカエルは天敵の少ない寒い時期に卵を産みます。



この時はあと一週間ほどで卵からでてくる様子でした。



カエルなどの卵は、あの大量の卵が小さなおなかのどこにあるのかと言えば、
おなかから出ると寒天のように膜が水を吸い、あのぶよぶよの状態になります。
それを説明すると参加者の方々「お~なるほど」と感心の声。

卵について一つ知ることが出来たみたいですね!

そのあとは近くの川で生き物探し。



小さな魚や昆虫など、
この時期にみる生き物たちを皆さんのぞき込んで観察していました。

そしてこの周辺のウグイスについて、声を観察。

いくつかの縄張りがあり、みんな鳴き声が微妙に違います。
ウグイスはどれがちゃんとした鳴き声とかではなく、それぞれの個性なのです。
皆さん聞き分けられたでしょうか?

そんな観察をしつつ最近出来た山道を皆さんと歩いてもとの道へ戻ります。



冬鳥の観察へ。
これが今回は大勢の人にびっくりしたのか、なかなか現れてくれませんでした。



そんな中近くに生えていたノビルという食べられる野草に子供さんも含めて皆さん挑戦。



場所によってほんのり甘いノビルがあったり、苦いものもあったり。
美味しいという声があり、それぞれの味を体験していました。

そうして自然体験の時間が終わる頃を迎えました。

皆さん楽しんで里山を体験していただけたようで嬉しいです♪

昔は田んぼが谷一面にあった、この沢山池のことについて知っていただけたこと、
田んぼが減ってそこで暮らしていた生き物たちも減ってしまったこと。

それら田んぼのことを少しでも考えてもらえる機会になっていたならなお幸いです。
# by mdcn-miura | 2014-03-19 17:19 | 自然観察会・エコツアー

真冬のキチジ

こんにちは。ついこの前2014年になったと思えばもう1月も終わりですね。

先日、キチジの谷戸でつちのこさん達と活動がありました。

畦の周りの草刈りをして、
次もしっかりお仕事が出来るように、使った鎌の刃の研ぎ方を教わりました。


研ぎ石と刃の角度は鋭角に、
指で触って引っかからなければ研げているのがわかるなど、
コツを教わり皆さん丁寧に仕上げていました。

お昼は温かい汁物をいただきました。

キチジ初椎茸入り!
ただし一個だけですが(笑)


そんな椎茸をキノコ狩りして、



ヒラタケは大きなものなどたくさん、エノキも入れました。



日があまり当たらないキチジでは本当に寒く、冷えてしまった体に染みわたりますね~。

観察をしつつ谷戸の様子を見回っていた時、
田んぼに氷が張られていました。
踏むとサクサクと氷が割れて足跡が残ります。


目に見える冬が発見できました。


# by mdcn-miura | 2014-01-29 16:45 | 谷戸田こしらへ

キチジの谷戸・収穫祭

12月15日にキチジの収穫祭が行われました!

つちのこ会の皆さんをはじめ、
子供も大人も協力して一生懸命お世話してきた田んぼのお米をいただきました♪



「よいしょ!よいしょ!」

という掛け声と、

「ぺったん、ぺったん」

というお餅をつく音が響くキチジの谷戸。



子供たちが餅つきしたさにそわそわしていたと思ったら、

つき終わればお餅の列に並んで笑顔いっぱいにつき立てのお餅を食べて、

口のまわりにきな粉や白いもち粉がついているかわいらしい姿(笑)







おなかいっぱい食べた後はキチジの谷戸で声高らかにいっぱい遊んでいる子供たち。



「田んぼって楽しいね!」

なんて言ってくれる子供の言葉にとても嬉しくなりました。

収穫と共に、
たくさんのことを学ばせてくれた田んぼに感謝ですね。
# by mdcn-miura | 2013-12-27 15:15 | 収穫祭

長井の田んぼ・収穫祭

今年も残りわずかとなりましたね~。

お待たせしました!

次々と収穫を喜ぶ催しが行われましたので、これから紹介していきたいと思います。

12月8日、
長井の田んぼに関わった方々と三浦ふれあいの村にて収穫祭を行いました。

長井にある久保と二俣の谷戸田は、
今年から始めた休耕田。
かやまさんを中心として呼びかけで集まってくださった方々、
三浦ふれあいの村の方々とお世話をしてきました。

そして一年目ながらたくさんのお米が収穫できました!







つき立てをつまんでみたり、

熱いうちにいっせいに丸めて、

寒い中苦戦しつつもみんなでついて出来たお餅。
皆さんおなかいっぱい食べれたみたいです♪

さて。

長井で出来たお米ですが。
田んぼがあまりにもぬかるみ、足を取られることを長井の方言で「ふんごむ」と言うところから、
みんなでふんごむ中お世話をしてきた気持ちを込めて、

名前を「ふんごまい」と名付けました。

様々な環境の方たちが参加して、
こうして出来たお米を皆さんでいただけることは嬉しいですね。


# by mdcn-miura | 2013-12-26 09:31 | 収穫祭

稲刈り風景in庄ノ田

こんにちは、少しずつ寒くなってきましたね。

当法人で関係している谷戸田の稲刈りは無事全て終了しました。

半分くらいスズメに食べられてしまった田んぼもありますが、
それでも結構な量のお米を収穫することが出来ました。
稲刈りをしている時は、まさに「収穫のよろこび」を感じる瞬間かもしれません。



稲刈りをしていてふと後ろを振り向くと、すっかりきれいになった空間が広がっています。

「こんなに刈ったのか・・・。」とちょっと達成感。



ヤマアカガエルも応援?に来てくれました。

定番のオケラともたまに遊びながら、おしゃべりしながらまったり稲刈り。




稲を束にまとめるのは、意外とコツがいる作業です。

シッカリとめないと、ハザにかけた時にせっかくのお米が落ちてしまいます。

稲の束は麻の紐で縛るか、去年の藁を使ってねじってねじってとめてつくります。

今年の藁はまた来年使います。

たくさんあるので藁細工なんかも出来ますね。



これからは脱穀機、籾摺り機の出番となります。

おいしいお米までもう少し♪




# by mdcn-miura | 2013-10-23 17:49 | 谷戸田こしらへ

< 前のページ   次のページ >